『JFN』小規模事業者持続化補助金<一般型>を利用してラジオ広告を活用しませんか?

ラジオへの広告出稿費の2/3、最大50万円の補助を受けられる可能性があります。

75万円のラジオへの広告出稿が、本補助金活用によって実質25万円で出稿可能、
TOKYOFMをはじめ地元ローカル局での広告プランなど多数ご用意しております。

*75万円以下でも対応可能ですので、遠慮なくお気軽にご相談ください。小規模事業者持続化補助金対応も可能な限定特別企画となります。
*①「認定市区町村による特定創業支援等事業の支援」を受けた小規模事業者
② 法人設立日が2020年1月1日以降である会社(企業組合・協業組合を含む)、
または税務署に提出する開業届に記載されている開業日が2020年1月1日以降である個人事業主
上記①②いずれかに合致する事業者については、補助上限額が100万円となります。
その他詳細は、最新の「公募要領」により、ご確認ください。

小規模事業者持続化補助金<一般型>とは?

持続化補助金は、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。
この制度は、地域の商工会または商工会議所のサポートを受けながら経営計画書、補助事業計画書を作成し、審査を経て採択が決定された後、所定の補助を受けます。

商品やサービスの宣伝費用にも活用が認められている補助金です。

ラジオでの活用事例

広告費用については、出稿内容によって変動します。また、実施前に広告の審査があります。まずはお問い合わせください。

本補助金の補助対象者(主要条件)

小規模事業者であること

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

・小規模事業者持続化補助金<一般型>または「小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>」において、受付日の前10か月以内に、先行する受付締切回で採択を受けて、補助事業を実施した(している)者でないこと(共同申請の参画事業者の場合も含む)。
・資本金又は出資金が5億円以上の法人に直接又は間接に100%の株式を保有されていないこと(法人のみ)。
・確定している(申告済みの)直近過去3年分の各年又は各事業年度の課税所得の年平均額が15億円を超えていないこと。
・「反社会的勢力排除に関する誓約事項」(「公募要領」参照)の「記」以下のいずれにも該当しない者であり、且つ、今後、補助事業の実施期間内・補助事業完了後も、該当しないことを誓約すること。
その他詳細は、下記リンク先にあります最新の「公募要領」等により、ご確認ください。

商工会管轄地区の事業者(全国商工会連合会)
商工会議所管轄地区の事業者(日本商工会議所)

JFNでは、日本全国のラジオで展開が可能

JFN(ジャパンエフエムネットワーク)は、日本全国を網羅する
TOKYO FMをキーステーションとするFM最大のネットワークです。

まずはお気軽にお問合せください。

さまざまな広告メニュー・展開のエリアなどをご提案させていただきます。
相談料・提案料は無料です。仮に持続化補助金申請が不採択となった場合、
申請内容であるラジオ企画をキャンセルする場合も無料です。

入力項目はすべて必須になります。

会社名、屋号

ご住所

担当者名

ふりがな

メールアドレス

メールアドレス確認

電話番号

ラジオ広告をご希望の放送局

ご予算感

宣伝したい商品・サービス

入力いただいたお問い合わせへのご返信は指定代理店の株式会社ジャパンエフエムネットワーク
『JFN ラジオ広告活用』Webサイト担当(hojyokin@center.jfn.co.jp)より順次ご連絡いたします。